チャップアップは好き嫌いで感じ方が違う

チャップアップは好き嫌いで感じ方が違います。漢方薬のお店の臭いに似ています。

どうして若い世代でも薄毛になってしまうのか

   

薄毛は年齢を重ねてから現れるものだと思っていませんか。

しかし、20代や30代など若い世代でも薄毛が増えています。年齢を重ねてからの薄毛は、毛母細胞の働きが低下するからです。しかし、20代や30代ではそれに当てはまりません。どうして若い世代でも薄毛になってしまうのでしょうか。

一般的な薄毛は毛母細胞の力の低下ですが、若い世代ではヘアサイクルの乱れにより薄毛になっています。ヘアサイクルが乱れると、髪の成長期が短くなってすぐに抜けてしまいます。一本一本が細くなるので、全体的なボリュームが低下します。

20代や30代で薄毛になる原因としてダイエットがあります。無理なダイエットで薄毛を招いている方が少なくありません。
美しい髪を作るには体のバランスを整えることが重要です。体のバランスが崩れるとホルモンバランスも乱れてしまいます。女性ホルモンには健康な髪を作る働きがあり、無理なダイエットで女性ホルモンの働きが乱れると、髪に影響が表れます。

また、食事制限をすると髪に必要な栄養が不足します。髪を作るには、タンパク質、亜鉛、鉄分などさまざまな栄養が必要です。食べる量が減ると摂取できる栄養素も減り、髪の原料不足で丈夫な髪が育ちにくくなります。

栄養バランスの崩れは自律神経も乱します。自律神経が乱れれば血流が悪くなり、髪に酸素や栄養を十分に届けることができません。その結果、髪に必要な成分不足となり、髪の成長が悪くなります。

健康で美しい髪を作るには、バランスよく食べることが大切です。特に重要なのがタンパク質です。髪は18種類のアミノ酸で構成されるケラチンというタンパク質の一種でできています。タンパク質が不足すれば髪を作ることができないのです。

ダイエット中の方はカロリーが高い肉や乳製品を控える傾向があるので、タンパク質が不足しがちです。カロリーが気になる場合は、白身魚や大豆など低脂肪な食品からタンパク質を摂取するとよいでしょう。

 - 年齢